すごい睡眠 ディープスリープケア®︎スペシャリストのおかざきゆうこです

こんにちは!

究極のアンチエイジング!美容健康法
すごい睡眠 ディープスリープケア®︎主催

 

睡眠とアンチエイジングの専門家
ディープスリープケア®︎スペシャリスト

おかざきゆうこです。

 

▶️おかざきゆうこのストーリーはこちら

睡眠アンチエイジング最新のデータ、研究など根拠のある情報をもとに

 

現代医学では解決できないお悩みに対してはアントロポゾフィー医学の人間のとらえ方をもちいて

 

ゆらぎ期(40〜50代)女性たちの自律神経のバランスの崩れからくるお悩み

睡眠を中心に個々の生活習慣や性格(気質)に合った無理のない実践的な指導を心がけています。

自身が生まれつきHSP気質で人の感情の動きに敏感であり20代〜30代は仕事も恋も人間関係もうまくいかず

摂食障害うつと身体も心もボロボロの状態を経験しました。

1人で2人の子どもを抱えて途方に暮れていた時に看護師として重度知的障がい者施設に再就職。

 

生きづらさを抱えている彼らの姿と自分が重なり、人間や障がいについて学びを深めたいと思った時にアントロポゾフィー看護に出会い学びを深めました。

 

学びの中で、身体と心のバランスをとるためには、睡眠の力が必要不可欠であることを知り、睡眠を大事にする生活に改善したことで

 

自分自身の心身のバランスが回復していくのを実感。

 

さらに現代を生きる医療職の1人として

自分によかったから人に教える快眠法やその場限りの対処的な方法ではなく

 

睡眠とアンチエイジングの最新知識、科学的根拠ある情報とアントロポゾフィー(シュタイナー)医学の人間観を融合して独自のメソッドを確立しました。

相談者のお悩みの根本解決を目指しています。

 

卒業した生徒の皆さまからは

不眠に悩んでいたのに、慣れない場所でも熟睡できた

ダイエットに苦労していたのが嘘のように自然に体重が減った

綺麗になったと言われるようになった」

神経質に悩んでいた自分がいなくなり、生きやすくなった

「自分を見つめることで、自分の本当にやりたいことを思い出した」

といったお声をいただいています。

睡眠の問題だけでなく自律神経の崩れからくる
疲れ肩こり便秘そして更年期のお悩みなど

 

ゆらぎ期(40〜50代)の多くの女性たちをお悩みから解放しています。

 

そして私自身も常に現在進行形です。

睡眠を大事にしアンチエイジングを目指すことが健康を叶えるだけでなくまで叶うことを実感しています。

現在講師活動の他ラジオパーソナリティー、ファッションモデル、ミセスコンテストを目指す女性へのアドバイザーとしても活動中。

 

すごい睡眠メルマガ
【1分で読める!眠れる森の大人塾ワンポイント講座】を配信中!

 

ー保有資格等ー
*正看護師
*国際アントロポゾフィー看護コース修了
*レイキマスター(3rd Degree)
*睡眠コンサルタント

*日本アンチエイジング(抗齢)医学会 正会員
*日本臨床睡眠医学会
*日本アントロポゾフィー看護協会 正会員
*予防医療研究協会 参与

*Mr&Msダイヤモンドアウォーズ2021 グランプリ
*Mrs Runway Model Universe 日本代表

 

すごい睡眠メルマガ
【1分で読める!眠れる森の大人塾ワンポイント講座】を配信中!

 

 

 

おかざきゆうこのストーリー

Babyのころ

愛のあふれるバレンタインデー

神奈川県相模原市で産まれました。

起こさないと1日中眠っていたと母。

睡眠が成長に大事であることをあたり前に知っていたのですね。

 

 

〜18歳

話すことよりも身体をつかって表現することが大好き。

小中学生の時はモダンバレエ、
高校生の時はバトン、チアガールなど。

暇さえあれば音楽に身を投じて踊ったり舞ったりしていました。

子どもの頃の夢は看護師さん、そしてなぜかいつも保健委員。

流れのままに18歳の春、看護科の入学式に並んでいました。

 

看護学生のころ

20歳前後の女子には強烈な日々。

人の生から死まで、多くの人生に寄り添わせていただいた日々。

 

大きな大学病院だったので、

有名人や政治家の方もいれば、住所不定の方まで老若男女さまざま。

病は平等に襲ってくる。

睡眠が治療や回復に与える影響が大きい
ことは、医療職も患者もわかってはいます。

病院という特殊な環境では、良質な睡眠は得られにくいもの。

ほとんどの方に睡眠薬が処方されている現実。

看護学生としての私のテーマは睡眠

なのに私自身が日々のレポートや学びに追われ月〜金までほぼ徹夜状態。

若いとはいえ、

生理はとまり。

肩こり、足のむくみがものすごい。

むくみなのか下半身太りなのやら。

わずかな休憩時間に選ぶのは甘い菓子パンばかり。

当時の実習中看護学生
喫煙率97%!!

不健康な自分が看護師などできない!と、看護師として就職せずに表現の世界(ファッションモデル)へ進みました。

 

ファッションモデルのころ

クリエイティブな仕事をしているものは、寝ないことがスティタス!

って信じきっていました。

睡眠不足が続くと一種の酩酊状態と同じ脳と最近の研究で明らかになりましたが。

ハイテンションなパフォーマンスもそういうところからうまれていたのかもしれません。

そう、寝不足が続いていたからか、

小さなことでも自信をなくし、過食と拒食を繰り返すことも。

華やかな表面の顔と裏の心の闇
思い返せば、

心と身体が超アンバランス!!

現役を退いた後、久しぶりにモデルとして出演したファッションショーでは、

現役の時よりも格段、表現力や存在感が増している!

と不思議がられました。

何が違ったのかって?

思い当たることはたった一つ。
ちゃんと寝ていたのです。

 

 

プチ波乱万丈がやってきた

結婚し2人の子どもの母親となりました。

平穏な人生がつかめると思ったら!
2人目妊娠中にそれがやってきた!

ただ、ほとんど記憶がない。

考えなければならないことや、やらなければならないことが多すぎて。

寝ていなかったし、眠れてもいなかったのです。

買い物に出かけたのに、自分が何をしに行くのかわからなくなり。

鍋をいくつも焦がしたり、そのような状態が1年ほど続いた後。

アントロポゾフィー看護に出会いました。

 

アントロポゾフィー看護との出会い

看護師として再就職した先は、重度の障害(主に知的)を持つ方が日中に通う施設です。

同時にアントロポゾフィー看護を学び始めました。

当時の私にとっては手が出ない受講料、まだ小さな子を1週間も預けることも難しい状態です。

けれども受講したいと願っていたら。

いつの間にかいろいろなことの流れが変わり、看護コースの参加者に名前を連ねることができました。

出会いと学び、再会の濃密な4年間。

毎年の集中講義の後には、必ず乗り越えるべきものがやってきて。

まさに修行ともいえる4年間。

身体と心のバランスをとるためには、睡眠の力が必要不可欠であることを学び、実践していくなかで。

自分自身の身体と心のバランスが回復していくのを感じていました。

コース修了後に多くの出会いもあり、人生の後半に差し掛かってやっと私の進むべき道がやっとみえてきました。

 

 

これから

今まで出会った多くの人生たち。

特にゆらぎ期(40代、50代)の女性は、
自分のことを後回しにして忙しくしている人がとても多いです。

今まで培ってきた経験と能力が花開く時期、輝ける未来をつかもうとする矢先に。

小さな不調から大きな不調へ

そして病気へと進んでしまう人生をたくさん目の当たりにしてきた。

どんな人生でも、

素晴らしい人生、素晴らしい未来を望んで生まれてきたはず。

睡眠を大切にするだけで、その思いが叶うのだとしたら。

あなたは何を選択をされますか?

あなたが最高に輝く人生を送るために。

ディープスリープケアで、一緒に当たり前を変えていきましょう!

 

すごい睡眠メルマガ
【1分で読める!眠れる森の大人塾ワンポイント講座】を配信中!

 

© 2021 すごい睡眠 ディープスリープケア®︎