「眠れない」とお悩みのあなたへ~「眠れない」本当の問題そして原因とは

こんにちは。
"ナースYUKO"です。

「眠れない…」

「夜中に何度も目が覚める…」

というお悩みを抱えてご相談に来られる方が、最近とても増えています。

 

そして大半の方がおっしゃるのは

「若い頃には眠れていたのに」

「朝までぐっすり眠ることは、もう諦めなければならないのか」

です。

今回は、「眠れない」とお悩みのあなたへ~「眠れない」本当の問題そして原因とはについてお話ししたいと思います。

 

「眠れない」こと自体が問題ではない

睡眠は十人十色。

人それぞれ個性があります。

 

そして、同じ人でも様々な要因で、眠りは変化します。

「睡眠時間」「目覚めの回数」

この2つは目に見えやすく、眠りの変化としての実感しやすいものです。

なので、この2つの変化が、眠りに対する不安の引き金になることがあります。

あなたの「眠れない」お悩みが始まったのは、何がきっかけでしたでしょうか?

 

「眠れない」ことにフォーカスしすぎると…

いつもの当たり前が当たり前でなくなるのは、「眠り」に限らず不安になるものです。

 

「眠れないな」

「眠れなかった」

「今晩も眠れないのではないだろうか?」

「やはり眠れなかった!」

「このまま永遠に眠れない状態が続いたら どうしよう!!」

 

「眠れない」ことにフォーカスし過ぎることで
「眠れない」ことが全ての問題の根源(悪者)となり…

 

「眠ること」が怖くなる…
「眠ろうとすると」緊張する…

 

ちょっと待って!

どんな人でも、「怖い」「緊張」状態で眠れるわけありません

 

この状態を「睡眠恐怖」とも言います。

 

本来不眠は一過性で終わることが多いのです。

 

ですが、「眠れない」ことばかりにフォーカスしてしまうことで
自分自身で「不眠の慢性化=不眠の病的な状態」をつくりだしてしまうのです。

 

ところで あなたにとっての本来の問題は「眠れないこと」なのでしょうか?

 

「眠れない」ことで何か支障がありますか?

何度もお伝えします。

「眠りは10人と色」

なので、人と比べることに 意味はありません。

 

そして、同じ人でも

年齢他様々な要因で、眠りが変化するのは あたり前のことです。

 

まずは、「睡眠時間」「夜間の目覚めの回数」

この2つに囚われないことが大事です。

 

そして次に 考えていただきたいことは、

 

「眠れない」ことで、起きている状態のあなたに 何か問題が起こっているのか。
「昼間の生活に支障があるか否か」です。

例えば 夜眠れない状態が続いていて、自分で気づかずに
「大事な会議中に居眠りをしてしまう」ことが頻繁に起こっているとしましょう。

 

あなたにとっての問題とすべきことは「眠れていないこと」よりも…

 

「(自分でも気づかずに)大事な会議中に居眠りをしてしまう ことが頻繁に起こっていること」なのです。

 

もし昼間の生活に支障がないのであれば、「眠れない」ことに大きく不安になる必要はありません。

少なくとも今のあなたは、「不眠症」という病的な状態ではありません。

 

ところで、なぜ昼間の生活に支障が出るにも関わらず「眠れない」ということが起こってくるのでしょうか。

 

あなたの昼間の生活に支障が出る「眠れない」の原因とは

「眠れない」主な原因として、一般的には以下の6つがあると言われています。

  1. ストレス
  2. からだの病気
  3. こころの病気
  4. 薬や刺激物
  5. 生活リズム
  6. 環境

原因が1つのこともあれば、複数の原因が重なって起っている場合もあります。

それぞれについてお話ししていきますね。

 

ストレス

ストレスや緊張は、大なり小なり「心地よい睡眠」を妨げます。

「眠れない」人を悩ませている原因の多くが、この「ストレス」です。

 

同じ状況下でもストレスを大きく感じる人と ストレスとしてあまり感じない人がいます。

ストレスが眠りに与える影響も人それぞれです。

 

ストレスを感じやすい繊細な方、感受性の豊かな方、真面目な方ほど、「眠れない」状態を不安に思いやすい傾向があります。

そしてストレスが去った後も「不眠」状態が続いてしまう「睡眠恐怖」に陥りやすいのです。

 

「不眠恐怖」となると 原因が複雑に絡み合っている場合が多く、軽快するのに時間のかかることが多いと言われています。

 

ディープスリープケアは ストレスが原因の「眠れない」方におすすめです。

 

特に「睡眠恐怖」の状態となっている方は 、1人で解決することは難しいです。

 

もし医療にかかる場合は、睡眠専門医と繋がることが基本となります。

とは言え…

✔️ 医療機関へ行くことにハードルが高く感じられる
✔ 薬漬けにされてしまうのではないだろうか

と受診を躊躇され、1人で悩み続ける方もとても多いのです。

 

まずはお気軽に"ナースYUKO”にご相談くださいね。

 

からだの病気

睡眠時無呼吸症候群やムズムズ脚症候群(レストレスレッグス症候群)など。

睡眠に伴う呼吸異常や四肢の異常運動によって心地よい睡眠が妨げられている方は 案外多いものです。

特に睡眠時無呼吸症候群は 自覚のないことも多いです。

 

他にも様々な病気によって不眠や睡眠の質の低下が起こってきます。

 

例えば、アレルギー疾患による痒みや鼻づまり、
風邪をひいた時の咳、
前立腺肥大による頻尿
などは思い浮かべやすいでしょう。

他にも高血圧や糖尿病などありとあらゆる身体の病気で不眠は生じます。

 

不眠を引き起こしている からだの病気がないか
まずは受診し 診察してもらってください

からだの病気がわかったら、まずはその病気の治療が先決です。

 

原因となっている からだの病気と向き合うことで、「眠れない」状態の多くが改善されます。

 

ディープスリープケアは、からだの病気を治すことはできません。

ですが、治療と並行されることで余分な薬を減らし、早くに解消できたとのお声を多くいただいています。

 

こころの病気

こころの病気の多くが 不眠を伴います。

特に「早期覚醒」「日内変動(朝は無気力で夕方にかけて元気がでてくる)」両方がみられる場合には、早めに こころの病気の専門医を受診することで、早く辛い状況から解放されることに繋がります。

 

こころの病気とは、

うつ病、適応障害、不安障害、総合失調症、双極性障害、摂食障害、依存症、パーソナリティー障害などです。

 

ディープスリープケアは、こころの病気の中でも「うつ病」の場合は、治療と並行していただくことで、余分な薬を減らし、早くに軽快できたとの声も多くいただいております。

 

薬 刺激物

治療薬が不眠をもたらすこともあります。

睡眠を妨げる薬としては降圧剤・甲状腺製剤・抗がん剤などが挙げられます。

 

意外と思われるでしょうが、風邪の引き始めに飲まれる方も多い漢方薬の「葛根湯」も睡眠を妨げます。

 

コーヒー・紅茶、滋養強壮ドリンク、チョコレートなどに含まれるカフェインたばこに含まれるニコチンなどには覚醒作用があり、心地よい睡眠を妨げます。

カフェインには利尿作用もあり、トイレ覚醒も増えます。

 

ディープスリープケアでは、睡眠を妨げる薬や刺激物の影響をゼロにすることはできません。

 

どうしてもやめられない(やめたくない)薬や刺激物の影響を軽減したい という方には、それらの影響を軽減するためのセルフケアをお伝えしています。

 

生活リズムの乱れ

交替制勤務時差などによって体内リズムが乱れると不眠を招きます。

現代は24時間社会といわれるほどで昼と夜の区別がなくなってきていますから、どんな人でも睡眠リズムが狂いがちです。

 

ただし
日本人はまじめな人が多いです。

正しい生活習慣に こだわりすぎると執着となり、心地よい睡眠が阻害されることもあります。

 

ディープスリープケアでは、

✔ 心地よい睡眠をもたらす生活習慣を身につけたい

✔ 交代勤務や時差の影響をできるだけ軽減する方法を知りたい

という方などへ、その方の気質と生活に合う生活リズムの整え方をお伝えしています。

 

環境

騒音が気になって眠れないことがあります。

また寝室の温度や湿度が適切でないと心地よい睡眠は期待できません。

 

ただし
日本人はまじめな人が多いです。

睡眠によい環境に こだわりすぎると執着となり、心地よい睡眠が阻害されることもあります。

 

ディープスリープケア

✔ 心地よい睡眠をもたらす環境について知りたい

✔ 現在の環境の中で 心地よい睡眠に近づける方法を知りたい

という方などへ、その方の気質と生活に合う環境の整え方をお伝えしています。

 

どんな「眠れない」も1人で悩むことが1番良くない

日中の生活にも支障が出ている「眠れない」方からのご相談の中で、
「何科を受診すれば良いのかわからない」
というご質問も多いです。

 

かかりつけ医がいらっしゃる方はかかりつけ医へ。

いらっしゃらない場合は、最初に受診するのは 近所の内科(女性の場合は婦人科でも可)で大丈夫です。

 

まずは「眠れない」原因が、からだの病気であるか どうかを診断してもらうのが 良いでしょう。

治療法や薬を飲む飲まないを選択するのは、診断結果を聞いてから考えれば良いのです。

 

もし受診を躊躇されるのなら、まずは"ナースYUKO”にご相談くださいね

 

睡眠のお悩みを1人で抱えている状態、その状態こそが1番良くありません。

そのような お1人でお悩みを抱えている方の、お話を聞き、あなたらしい心地よい睡眠をとり戻すお手伝いをするのが、私の使命です。


睡眠の問題は、長引けば長引かせるほど、悪化してしまうことが多いのです。

その場限りの対処法を繰り返すことで、原因がみえにくくなり、解決しづらくなることもあります。

睡眠の問題を解決するために必要なことは

  1. 心と身体を温め休ませること
  2. 正しい方法で自分と対話をすること
  3. 信頼できる相談者と対話をすること
  4. あなたに合った対症療法を選択すること

1の心身を休めることは、あなた1人でできるでしょう。

4の対症療法は
睡眠薬など化学的な薬から、アロマ・整体・鍼など自然療法、そして音楽・寝具なども全てが対症療法です。
根本的解決にはなりません。


対症療法でもし睡眠の問題が一時期軽快したとしても
おそらく別の問題が生じてくるでしょう。


根本解決のためには2、3の「対話」なしでは叶いません。
対話によって「絶対的な安心感」を得ること。

それが あなたのお悩みが解決するための唯一の方法です。

あなたはいつまで その場限りの対症療法でごまかすのですか?
そろそろ根本的な解決をしませんか?

あなただけでは ありません。

まずはお気軽にナースYUKOにご相談ください。

そして、医療と繋がられている方も お気軽にご相談ください。


医者と薬は使いよう
医療にかかっている方で 不満を抱えている方がとても多いですね。

そのような時も ぜひナースYUKOにご相談くださいませ。
ホリスティックな視点を持つ看護師だからこそ お伝えできることも多いです。

勇気を出して相談をしてみたら、

「悩んでいたことが嘘のように 眠れるようになった」
「こんなことなら もっと早く相談すればよかった」

とのお声も多くいただいております。


1人で悩み続けるということは、大変な労力と時間を要します。

睡眠に限らず、人は皆、それぞれ悩みを持っています。
ですが、それはあなたが幸せになるために必要なこと。

あなたの、睡眠のお悩みや苦しみ、私にお話し下さい。

初回30分間は無償でご相談をお受けしております。
1日も早く 心地よい睡眠=絶対的な安心感を取り戻しましょう。

今夜も心地よい良い睡眠を
ナースYUKO

 

カウンセリング予約はお気軽に

オンライン カウンセリングのご予約はこちらからどうぞ

今すぐ申し込む

※スケジュールを見ながら予約できます

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
"ナースYUKO"

"ナースYUKO"

"ナースYUKO"の すごい睡眠
ディープスリープケアです。
自律神経のアンバランスから湧き出る 心と身体の睡眠障害に対して、ホリスティック医学の視点である “アントロポゾフィーの看護ケア”と 東洋エイジングケアを融合した 睡眠対処療法をご提供しております。
>>お問い合わせはこちら

-不眠, 睡眠コラム, 睡眠障害
-, , , , , ,